学び方

司法試験は、法律系の資格の中でも超難関といわれていますが、司法書士の試験もとても難しい資格となっています。しかし、司法書士の試験は受験資格がありませんので、司法試験よりは最初のハードルは下げられているといえるでしょう。 といっても、大学で法律を学んできたとしても合格するのは難しく、かなりの専門的な勉強が必要になってきます。多くの科目を勉強していくことになりますので、専門の予備校に通うことが一般的といえるかもしれません。特に、今まで法律を全く勉強したことがないといった人が、独学で勉強していくのは難しく、相当な時間を有するといえるでしょう。 的確な指導を受けたいのであれば、専門の予備校に通って、そこのカリキュラムに従って勉強をしていく方が効率がいいかもしれません。

司法書士の資格試験を目指していくときには、勉強時間の確保が重要になってきます。かなりの難関試験ですので、相当の勉強量が必要です。その勉強量をこなすためには、それ相応の勉強時間を有するといえるでしょう。 司法書士試験を予備校で勉強していくならば、その日その日の授業の復習は、次の授業の日までに終わらせるようにするといいです。完璧に終わらせることは無理なことも多いですが、取りあえず前の授業で行ったことは網羅的に勉強しておきます。また、答練などの前に一気に復習することになりますが、復習しないで答練前になったとしても、前に勉強したところは忘れていることが多いです。一気にそれらの記憶を呼び起こすのは大変なので、穴があっても一度復習は終わらせてから二度目の復習に入った方がいいかもしれません。